子供のステキな写真を撮りたいけど上手に撮る方法が分からない!

子供が生まれたらデジタル一眼レフ

最近はデジタル一眼レフカメラが高機能で安く手に入るようになり、子供が生まれるのをキッカケに購入するイクメンパパも増えてきました。

しかし、デジタル一眼レフカメラの基本的な操作を分からずに購入する人や、ある程度は使えても、思うような写真が撮れないという人が非常に多いです。

一眼レフ難民」という言葉も生まれるほど、高性能なカメラを持て余す方が増えています。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

良い写真が上手に撮れるようになる方法

デジテル一眼レフを使いこなしたい「これから赤ちゃんが生まれるので良い写真をたくさん残したい

「一眼レフを買ったけど使い方が良くわからない

「何となく写真をとっても感動するような写真が撮れない。どうやって撮ればいいか分からない」

「いくら写真を撮っても満足行くような写真が摂れない。イマイチな写真が増えるばかり

「写真が上達する前に子供が成長してしまいそう。良いシーンを逃してばかりで焦りが…」

子供の写真を高画質に残したいというのは、親としては誰しもが持つ希望でしょう。日々成長していく我が子の姿をキレイな写真で保存したいですね。

写真は後々良い思い出となって見返すことができ、大きな財産となります。

動画ももちろん良いのですが、情報量が多く画質では写真にかないません。同じシーンでも動画と写真ではやはり別物です。

それに写真が上手に撮れるようになると、その時の感動を上手に保存できるようなテクニックも身につきます。

写真は表現の手段でもあり、上達すると素敵なシーンをより感動的に残すことができるようになります。

  • 余分な部分をフレーミングでカット
  • ズームレンズで表情をアップに
  • 背景をボカして子供を浮き立たせる

写真じゃないと表現できない事って非常に多いです。

子供の成長を残すためのツールとして、写真は無くてはならない存在といえます。

写真上達の教材で学ぶのがベスト

「何とかして子供の良い写真が撮れるようになりたい!」というパパは、主に次のような行動をされる場合が多いです。

  • 雑誌やインターネットの情報で勉強する
  • 写真の上手な友人などに指導してもらう
  • 写真撮影を教えるセミナーに参加する
  • 写真が上達するテキストや教材を購入してみる

ベストな方法は優良な教材で学びながら上達する方法です。メリット・デメリットなど一つ一つ見ていきましょう。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

 

雑誌やインターネットの情報で勉強する

無料の情報だと時間がかかる

まず雑誌やインターネットでも色んな情報を得ることが出来ますが、非常に限定的で、なかなかしっくり来る情報というのはありません。

写真はそもそも実践しながら学んでいく必要がありますので、活字なんかからだと、感覚的に身につき辛いです。

時間をかければ何とか少しづつでも上達はしますが、非常に時間がかかります

子供の成長を残すために勉強しているのに、上手に撮れるようになったら子供はすでに成長して写真を撮る機会も減って…となりかねません。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

 

写真の上手な友人などに指導してもらう

写真の撮り方を親切に教えてくれる友人は皆無

写真が上手な友人が都合よく身近にいれば、指導してもらうのは上達の近道ですのでおすすめです。

しかし、一般の人で写真についての専門的な知識を持っている方はすごく少ないです。

いたとしても、写真の指導に時間を作ってもらうのも頻繁には難しいでしょう。

それにうまいこと指導してもらえたとしても、やはり素人ですので教えるのが上手いとは限りません。 

  • 都合よく写真が上手な友人が身近に存在する
  • 指導してもらうのに時間を合せて頻繁にやり取りが出来る
  • 写真が上手なうえに指導も上手

これらを満たす友人、知人がいれば良いですが、そんな恵まれた環境の方は皆無でしょう。

 

写真撮影を教えるセミナーに参加する

写真家のセミナーは高額

写真を教えるセミナーも、全国各地で開かれています。プロの写真家に直に指導をしてもらえますし、プロとしてのノウハウも事細かに教えてくれるでしょう。

しかも実践しながら指導してくれる講座が多いので、自分で実感しながら学ぶことができ、短期間で非常に大きな効果が得られるのは間違いありません。

本気で写真が上達したいのなら、最も短期間で効果が得られる方法だと思います。

しかしその分、費用はかかってしまいます。1回の講習で5,000円以上はかかり、入会金も1万円くらいかかったりすると、上達するまで10万円くらいはかかる場合がほとんどです。

それに講師との相性もあり、上手にコミュニケーションが取れて写真が上達すれば良いですが、必ずしもそうとは限りません。講師と合わなくてイマイチ身につかなければ勿体ないですし、そういうケースも多いです。

時間もセミナー開催に合せないといけないので、仕事が忙しい方なんかは時間の確保も難しいでしょう。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

写真が上達するテキストや教材を購入してみる

写真上達の教材は不安な点も

写真上達のテキストや教材であれば、自分のペースで自由な時間に取り組むことが出来ます。

また、テキストだけではなく、DVDなど動画でも解説しているような教材であれば、より実践に近い状態で学ぶことが出来ますので、非常に学習効果が高まります

それに繰り返し学習することが出来ますので、気になるポイントがあれば、同じ内容を何度も見返して復習もできますので非常に便利です。

写真は学んで実践して、撮った写真を確認してテキストに照らしあわせて、といったプロセスを繰り返すことで身についていきます。

内容の濃いテキストがあれば実践を繰り返すほどにレベルが上がっていき、良い写真が撮れるようになります。

でも、どんな教材を選べば良いか難しいですよね。写真上達のための教材を選ぶ際に失敗しない為に、ポイントを確認してみましょう。 

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

カメラ上達教材を選ぶ際のポイント

①カメラの操作から良い表現の写真が撮れるまで網羅的か

撮影について網羅的に学べる

デジタル一眼レフは、その操作自体が難しいという人も少なくありません。

せっかく様々な機能があって、使いこなせば色んな表現が出来るのに、オート機能だけしか使わないんだったらもったい無いですよね。

表現の仕方だけではなく、デジタル一眼レフの操作とリンクしたテクニックを身に付けるのが重要です。

つまりカメラのどの部分を調整すれば、撮る写真にどのように反映されるかを理解する必要があるんです。

そのような説明を交えての解説で基礎的なことも学べて、自然と表現することへの応用へつながっていくような内容が望ましいです。

自分のカメラの設定を色々変えながら、こうすれば良かったんだと納得して表現の幅が広げられるような内容なら、適切なカメラ操作によって自由自在に表現することが可能になります。

このような学びは、独学でもとにかく時間さえかければ、少しづつでも身に付けることはできます。個人差はあるにせよ誰でもある程度のレベルまでは到達できるでしょう。

しかしあまり知識の無い状態で自分の力だけでレベルアップしようにも、相当な時間を費やしてしまいます。無料や安価な情報だと、どうしても遠回りになる訳です。

②情報が体系的にまとめられ、具体性が高いか

情報が具体的、体系的にまとめられている

ちゃんとした教材なら、それを読んだ人が内容を実践しやすいよう、情報が体系化されています。

ですのでそれを読んだ様々な人が、体系化された手順通りに取り組めば、どんなレベルの人であってもある程度再現できます。

また、どのような手順で取り組めば良いか、どんなシーンならどう対応するかなど、具体的な解説が多いほど、普通なら多くの時間を費やさないと学べないことも、短時間で理解することが可能になります。

時間をお金で買うことは出来ません。あなたが独学で回り道している間にもかけがえのない瞬間(シャッターチャンス)はどんどん過ぎ去っていって後戻りできません

時間を無駄にしないためにも、このような教材で写真のスキルを上げ、ステキな写真をいち早くたくさん残した方が良いと思いませんか。

③プロのノウハウが学べるか

プロのノウハウが学べる

優良な教材であれば、プロのノウハウや、独自の視点が学べます。こういう情報は、無料のネット上にあるものや雑誌などではまず得られないものです。

基本的な情報は具体的に体系化して短時間で学ぶことができ、プラスしてその教材でしか得られない情報が盛り込まれている事は良い教材の条件です。

しかし、基本的な事はキッチリ対応し、カメラの操作と合せて表現するまでのプロセスを分かりやすく解説。その上でプロのノウハウまで学べるような教材はほとんど皆無です。

この教材は、難しくて分かりにくい説明は一切無く、基本的な知識は十分説明し更にプロのノウハウまで習得することが出来ます。

撮影について具体的に説明

 

④テキストと動画の両方があるか

テキストと動画の両方が揃っている

教材の媒体としては、やはり動画とテキストの両方があるのが望ましいです。動画はやはり百聞は一見にしかずですね。

どのようなシーンをどういう設定で撮った場合にどういう写真が撮れるのかが一目瞭然ですし、カメラのどの部分の設定を調整すれば良いかなどが非常に分かりやすいです。

自分のカメラをあれこれ確認しながら動画を見ると良いでしょう。理解がかなり深まります。

動画が分かりやすいといっても、テキストをじっくり読んで理解を深めたい方も多いです。

動画はどうしてもある程度TVやパソコンの前で準備して見ないといけませんが、テキストならちょっと空いた時間や夜寝る前に寝床で見たりも出来ますからね。

簡単に中断したりも出来ますので、手軽さから言えばやはりテキストが便利です。活字ばかりではなく、イラストや写真で読みやすくしてあれば、もう言うこと無しですね。

以上のポイントを踏まえて、カメラ上達の教材に必要な条件とは

良い教材とは

  • カメラの操作から良い表現の写真が撮れるまで網羅的か
  • 情報が体系的にまとめられ、具体性が高いか
  • プロのノウハウが学べるか
  • テキストと動画の両方があるか

これら4つの条件を満たす教材は殆どありません。唯一推奨できる教材は、「一眼レフカメラ上達講座」という教材です。

一眼レフカメラ上達講座

 

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

 

(参考)写真撮影 教材 比較

比較項目 rank1
一眼レフカメラ上達講座
(人物・風景・物・花)
rank2
一眼レフカメラ上達講座
(人物のみ)
rank3
即効写真塾PLUS
  
網羅性
具体性
プロのノウハウ
テキスト
動画
総合評価
公式サイト 公式サイト
はこちら
公式サイト
はこちら
公式サイト
はこちら

一眼レフカメラ上達講座は2種類あり、人物のみのものと、それに加えて風景、物、花の撮影までを網羅したものと2種類があります。

オススメはやはり全てを網羅した方であり、そちらの内容の濃さを考えると、価格は高いですがコストパフォーマンスは上だと思います。

特に今は子供写真の撮影がメインだと思いますが、写真撮影というのは歳を重ねてからも十分楽しめる趣味です。

一人でも手軽に楽しめる趣味ですので、これから先の長い写真ライフを思えば、内容が充実した教材の方を選択したほうが後悔しないと思います。

プロのテクニックを身に付け、子供の大切な瞬間を逃さず撮りましょう

子供との思い出を素敵な写真に残す

子供の成長は親から見れば非常に早いです。ある程度成長した時に、昔は可愛かったのになあと、今現在を懐かしく思う時が誰にでも訪れます。

そんな時には写真を見て良い思い出に浸りたいですよね。

子育てをしている時というのは、毎日の日常でも何かと忙しくて必死ですから、振り返って考える暇さえ殆どありません。

でもそんな忙しい日常でも、過ぎてしまえば良い思い出です。

ある程度落ち着いた時に、子供の成長や、自分自身の親としての成長、そういった様々な思い出を家族や親しい方とともに振り返る素敵な時間もあるでしょう。

そんな時に良い写真があれば、思い出をよりリアルに感じる事ができます。それに子供がやがて自立する時にも、そのような素敵な写真を通して親の愛情を感じる事でしょう。

写真は真を写すと書きますが、その名の通り生きてきた経緯や思い出そのものとなるくらい大事なものです。

もし仮に何かあって、自宅から必要なものだけ持ち出さないといけない状況になった時、写真の優先順位はかなり高いはずです。

それ程大事なものですから、高画質でクオリティの高い写真をたくさん残していきたいですね。それがいずれあなたと、あなたの家族の財産となります。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

プロが教える「一眼レフカメラ上達講座」



一眼レフカメラ上達講座は、一眼レフ初心者でもわずか3ステップで写真のコツがつかめる、オススメの写真教材です。

テキスト教本だけじゃなくDVDも付属しており、初心者でも分かりやすい教材になっています。さらにプロ写真家のノウハウまで盛り込まれた、写真撮影テクニック満載の教材でもあります。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる