写真の知識

絞りで主題を明確に!子供写真でも多用する絞りとは?

絞りは一眼レフカメラの最も重要な要素の一つで、使いこなすには上手にコントロールする必要があります。一眼レフカメラの基本的な知識でもありますので、必ず身に付けるようにしましょう。

一眼レフカメラの絞りとは?

一眼レフカメラのレンズには絞り羽根というものがあり、開いたり閉じたりしてレンズを通ってきた光の量を調整できます。

絞り羽根で調整した光はその後イメージセンサーに到達し、イメージセンサーの受光素子によって電気信号に変換されます。

あわせて読みたい
イメージセンサーとは?子供写真はどのカメラが良いの?写真の画質を大きく左右するのが撮像素子(イメージセンサー)です。...

絞り込む、絞る、という事は、絞りバネを閉じて入ってくる光を少なくする事です。(ナゼか絞りを閉じる、閉めるとはあまり言いませんね)

反対に絞りを開ける、開放するというのは、絞りを開いて光を多く取り込むことです。因みに開放する、開放で撮るといった場合は絞りを最大まで開放する意味で使われる場合が多いですね。

絞りの開放具合を表す数値はF値です。これがややこしいのですが、値が小さくなれば開放している事になり、より多くの光を取り込む事が出来ます。

逆にF値を大きくすればするほど絞り込む事になり、取り込む光の量は減ります。

絞りはレンズにあり入ってくる光の量を調整します

絞りの一段分とは?

それで、絞り1段分がまたややこしくて、ルート2倍、またはルート1/2ずつシフトしていきます。少しでも分かり易くするために、約1.4の倍数と覚えておくと良いです。慣れればだいたい覚えられます。

F2.8を基準にすると、1段分の調整は次の通りです。

  • 一段分絞りを開ける F2.8→F2.0
  • 一段分絞り込む F2.8→F4.0

どうして絞りを調整する必要があるの?

絞りを調整する場合、入ってくる光を増やしたり減らしたりするわけですが、ナゼそんな必要があるのでしょうか。

  • ピントの合う範囲を調整してボケをコントロールできる
  • シャッタースピードの調整

などが主な目的で調整します。絞り込んだ場合と絞りを開けた場合に分けて、どのような効果があるのか、それぞれ説明していきましょう。

絞りを変化させるとピントの合う範囲が変化する

絞りを変化させるとピントの合う範囲が変化します。ピントの合う範囲が変化する事によって、写真の印象が全く異なったものになります。

主な被写体を目立たせることも出来ますし、反対に広範囲をシャープにクッキリ写すことも出来ます。

一眼レフカメラの写真の撮り方として、この絞りを常に意識して変化させながら撮影するスタイルというのはかなり一般的です。絞り優先モードと言いますが、現在発売されている一眼レフカメラなら全ての機種で搭載している機能と思います。

あわせて読みたい
絞り優先モードでピントの合う範囲を調整!写真に立体感を!一眼レフカメラで最も使いやすいモードの一つである絞り優先モード。プロでも常用している人が多いモードです。...

絞りの調整をざっくり言うと次のとおりです。

  • 絞りを開ける(F値を小さい値にする)→ピントの合う範囲が狭まる
  • 絞り込む(F値を大きい値にする)→ピントの合う範囲が広がる

絞りを開けると写真の写りはどうなるの?

ピントの合う範囲が狭くなる

ピントが合う範囲の事を被写界深度と呼び、被写界深度が狭い場合は「ピントが浅い」と言います。

絞りを開けると、ピントの合う範囲が狭くなり、ピントが合っていない背景などのボケが大きくなります。そうする事によって被写体が周囲から浮き立って、写真になったときに自然とそこに目線が行きますので、主題が明確になります。

写真に奥行きが感じられるようになりますので、平面で表現する2次元の写真に立体感を加える事が出来ます。

この背景が大きくボケた写真は、イメージセンサーが大きいほどボケを大きくする事が出来ます。一般的なコンパクトデジタルカメラのイメージセンサーは非常に小さいので、ほとんど背景をボカす事ができません。

ボケをある程度自由にコントロール出来るのは、大きなイメージセンサーを搭載しているデジタル一眼レフカメラだからこそ出来ることなんです。

あわせて読みたい
イメージセンサーとは?子供写真はどのカメラが良いの?写真の画質を大きく左右するのが撮像素子(イメージセンサー)です。...

背景がキレイにボケた写真って印象的で味わい深く、素敵ですよね。そういう写真が撮りたくて一眼レフカメラを使い始める人も多いでしょう。

キレイにボケた写真は美しい

また、絞りを開ける事によってシャッタースピードを早く出来ますので、ブレにくい設定でもありますね。

あわせて読みたい
子供写真でブレを抑えるにはシャッタースピードの知識が必須!一眼レフで撮影しても、撮った写真がブレていた!という経験は誰にでもありますよね。ブレ以外はすごく良い写真なら、ブレてさえ無ければ!という...

子供写真の撮影でも絞りの調整はかなり有効

子供写真の撮影においても、ボケはかなり使えます。大人数の中であなたの子供だけを際立たせたい場合。文字通り焦点を絞る訳ですね。つまり周りにいる子供をボカせば写真の中では、あなたの子供が主役です。

たとえ発表会なんかで脇役であったとしても、写真の撮り方次第では主役よりも素敵に見えるように撮ることもできます。

私も自分の子供に限らず、甥っ子や知り合いのお子さんの発表会の写真などをたくさん撮った経験があります。ズームレンズで絞りを開放にして撮ることが多いのですが、どんな役の子でも私の写真の中では常に主役のような感じで写していました。

カメラの設定や機材の選択、構図の撮り方など、ちょっとした知識があれば、そのように脇役でも主役みたいに撮ったり出来るわけです。そう考えると写真って本当に良いもんですよね。

写真撮影する際の表現の幅が広がる

また、背景をボカす前提で構図を考えたりすると、撮影がより楽しくなります。例えば花がたくさん咲いている背景をキレイにボカせば、花の色合いによってカラフルな背景を一面に表現したりも可能です。

背景の色合いを考えたり、その背景をどの程度ボカすか調整したりするのは、結構写真撮影に慣れないとそこまで気を配るのは難しいです。

しかし、写真撮影のレベルが上ってそのような事にもこだわれるようになると、写真を撮る事によって大きな充実感が得られるようになるんですよね。

自分で納得できるような良い写真が撮れる確率もどんどん上がっていきますしね。

この辺りは試行錯誤しながら、ある程度撮影を継続的に行う事でだんだん身に付いてきます。写真撮影の醍醐味とも言えますので、是非体験して欲しいですね。

その為には正しいノウハウを習得する必要があります。

あわせて読みたい
子供のステキな写真を撮りたいけど上手に撮る方法が分からない! 最近はデジタル一眼レフカメラが高機能で安く手に入るようになり、子供が生まれるのをキッカケに購入するイクメンパパも増えてきました。 ...

絞りをマスターすればある程度ボケを自由にコントロール出来るようになります。表現の幅が広がりますし、コンパクトデジタルカメラよりも大きなイメージセンサーを搭載した一眼レフでしか出来ない表現でもありますので、是非活用していきましょう。

絞り込むことによる効果やメリットは?

次にF値を大きい値にして絞り込んだ場合を説明します。この場合はより広い範囲にピントが合う事になります。つまり、被写界深度が広くなるわけで、「ピントが深い」と言います。

どういう場面で使用するかというと、要は広範囲をくっきりシャープに写したいときなどですね。例えば子供写真の撮影などで、集合写真や複数人で遊んでいるところを撮るような状況です。

周囲の子供の表情なんかも残したいとか、知り合いなので撮った写真を後々お渡ししたい場合なんかは、ある程度シャッタースピードを確保しつつ絞り込むと良いでしょう。

あわせて読みたい
シャッタースピードを上げる方法!絞りやISOとの関係は?子供の写真を撮っていて、必ずと言って良いほど悩むのがブレです。撮った写真を後で確認したらブレた写真ばかりでガッカリ...という経験をあな...

また、周囲の風景なども同時に記録したい場合にも絞り込んだ方が良いでしょう。なるべく周辺の風景をボカさずにクッキリ写して、その場の状況をより詳しく残したいという場合ですね。

ここで注意しないといけないのが、シャッタースピードの低下により、ブレやすくなっているという事です。

絞り込むとその分取り入れる光の量が少なくなり、シャッタースピードが遅くなります。暗い状況や早いシャッターを切りたい場合は、どちらをどの程度優先させるか判断する必要があります。

あわせて読みたい
写真がブレる原因は2点だけ?子供写真でブレない為に!せっかく良い写真が撮れたとしても、肝心なポイントになる部分がブレていては台無しです。ある程度撮影テクニックが身についてブレを表現に使うの...

絞り込んで尚かつシャッタースピードも確保したい場合は、ISO感度を調整するという手段もあります。

自分の許容範囲のISO感度内で調整するようにすると、画質の低下も想定内に出来るでしょう。便利なISOオートを、あらかじめ適切に設定しておけば、撮影時に迷う事なくテンポ良く撮影出来ますよ。

あわせて読みたい
ISO感度設定を身に付ければ表現の幅も広がり失敗写真も激減!?デジタル一眼レフカメラの重要な設定項目であるISO感度。最近ではセンサーや画像処理エンジンの性能向上によって、かなりの高感度撮影が可能に...

まとめ ー 絞りを調整してボケやブレをコントロール

絞りをある程度使いこなすのは、子供写真の撮影に限らず、写真撮影全般的に必要な事です。ボケを表現に上手く取り入れることで、全く印象の異なる写真を撮る事も出来ます。

ピントの合う範囲や度合いを調整する事で、どの被写体をどの程度浮き立たせるかをコントロール出来るようになります。これが意図的に出来るか出来ないかで撮る写真に大きな差が生まれます。絞りは、一眼レフでの写真撮影において必須のパラメーターですね。

プロが教える「一眼レフカメラ上達講座」



一眼レフカメラ上達講座は、一眼レフ初心者でもわずか3ステップで写真のコツがつかめる、オススメの写真教材です。

テキスト教本だけじゃなくDVDも付属しており、初心者でも分かりやすい教材になっています。さらにプロ写真家のノウハウまで盛り込まれた、写真撮影テクニック満載の教材でもあります。

⇒一眼レフカメラ講座を今すぐ見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA